ニュース

南極に近い最大の保護された海洋生息地

2016年10月27日に発表されたロス海海洋保護区は、現在世界最大の海洋保護区です。



ross_sea_mpa_map-feature

今日、598,000平方マイルの野生海域は25か国の国際連合によって保護されていました。 新しいロス海海洋保護区は、皇帝ペンギン、シャチ、アザラシ、クジラ、および16,000種以上の海洋生物の生息地を確保しています。

南極海洋生物資源保護委員会(CCAMLR)は本日、国際協定を発表しました。それは南極大陸の南東海岸近くのロス海のエリアを保護します。それはアラスカのサイズに近いです。

米国、欧州連合、その他23か国を含む加盟国連合は、保護区を満場一致で支持しました。当初、2011年に米国とオーストラリアによって提案されました。

Jillian Dempster (left, New Zealand) and Evan Bloom (center, USA) with CCAMLR Chair Vasily Titushkin (right) show a signed map of the Ross Sea MPA

「この決定は、ほとんど前例のないレベルの国際協力を表しています」とCCAMLR事務局長のアンドリュー・ライトは述べました。



2017年12月に施行される規制の施行や違反に対する罰則など、多くの詳細はまだ確定していません。

ロス海の保護:釣り禁止

ロス海は、人間の活動にほとんど触れられていません。推定16,000の海洋種と、オキアミの開花を支える高濃度の栄養素が生息しています。

こうした花のおかげで、そこには多様な生態系が繁栄しています。

Obama Designates Massive Pacific Ocean Preserve

オバマ大統領が大規模な太平洋保護区を指定

太平洋の広大な地域がハワイ周辺のパパハナウモクアケア海洋国定公園に追加され、世界最大の保護された海洋環境になります。続きを読む…

保護区域の72パーセント-430,000平方マイル以上-は、あらゆる種類の釣りの立ち入り禁止になります。他の地域では、科学研究のために魚やオキアミの収穫を許可します。

ross-sea-cortto

大規模なロス海海洋保護区は、8月にオバマ大統領によって世界最大の保護された海洋生息地として指定されたパパハナウモカケア海洋国立記念碑を覆います。